忍者ブログ

[20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

カテゴリー

カウンター

RSS

バーコード

ブログ内検索

最新コメ

[06/18 マービンの中は実はカク]
[06/18 スケさんの中の人]
[06/09 マービンの中は空洞]
[05/05 印泥の中の人]
[04/29 マービンの中は空洞]

最新記事

最新TB

アーカイブ

最古記事

アクセス解析

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


新宿御苑でピクニックと称して普段できなげな遊びメインの企画オフ。
残念ながら雨にやられましたので、急遽秋葉原でボドゲベースのオフに。
まぁ、本番は夕食時のから揚げなんですけどね、間違いなくw


てことで、主催 & 韮部ぶちょ が先にオフレポあげていますが、
見えてない当方担当卓でやったゲームとか紹介だけ。
例のごとく「気になったら、ボドゲ会に直接出ておいでよ」という宣伝かねて。
その1 算数の時間「STREAMS」
 出てきた数字を20個、なるべく小→大への順列になるように数字を書き入れていく、
 とっても簡単なパーティーゲーム。 数学じゃなくて、算数が出来ると一緒に遊べるいいゲーム。
 ただし、勘と運と確率論で大人はうなるであろうゲーム。
 ビンゴ大会のかわりにもなりそうな。 夢はやっぱり100人でプレイですよ100人!


その2 娯楽の時間「ロイヤルターフ」
 韮部では過去にも出ましたが、一言でいうと競馬ゲーム。
 ただし、ウマの進み具合はPLのさじ加減と、「ダイス運」
 今回は、某氏ダイス運大爆発と、漫画かよっていう、お約束のダイス目が見所でした。
 前2レースの極悪ップリは最終レースの(笑)のための長い前振りでした。
 要所要所で1/6を出すPLさん達が素敵です。


その3 国語の時間「ワードバスケット」
 順番あってるっけな? とにかくプレイはした、ご存知しりとりゲーム。
 ゲームとかの単語ぬいて、完全一般名詞でやると、それなりにむずかしいのよ。
 優秀単語がなんかあったんだけど、わすれちゃった(だからオフレポはすぐに書きなさいと…


その4/5 地理の時間「なんてったってホノルル & さいたま」
 「なんてったってホノルル」という世界の地名の位置を当てるゲームがあるのです。
 「アメージングテーブルゲーム2011」というボドゲ本の付録で、スピンオフしたゲームがついていたのです。

 それが「なんてったってさいたま」 日本の地名ローカルバージョンなんですが。
 まぁ、日本人として大抵の地名は読めるし場所も(だいたい)知ってるわけですが。
 一部、知らない地名で、まわりに非常識よばわりされてみたり、
 知ってるつもりが、意外とあっていなかったり。そういうゲーム。
 本当に日本地理の勉強にはなるよ。
 本家がブラフゲーだとすれば、こっちは純粋にパーティーゲーですかね。
 盛り上がるからねぇ。ゲーム上死亡フラグでも。
 しかし、東北は期せずメジャーになっちゃったんだねぇ……


 部長がさいたまプレイ後勢い良く本家「ホノルル」を購入。で続けてプレイ
 感想? いやー。地名しらねえぇよ。日本は狭いわwww
 さいたまプレイ中の予想通りのカオスで、とってもいいゲームだと思います。
 地理の得手不得手関係ない皆に平等なゲームですよ。だってしらんもん、そんな地名w


その6 体育の時間「YOU ROBOT」
 今回、新宿御苑という、「お外」空間向けにわざわざ用意していた隠しダマ。
 もちろん室内なら室内で十分できるわけですが(あくまでボードゲームの仲間だからね)

 ルールは簡単。2人でチームになって対抗戦。
 一人はロボット。そしてもうひとりはそのロボを作った天才博士。
 というわけで、博士にはロボットを動かしてもらい、指定のポーズを取らせてください。
 ただし、ハイテクSF優秀なアンドロイドクラスのロボではないんです。
 一昔も二昔も前の、「レバー操作おもちゃのロボ++」程度なんですよっ。

 ということで博士は喋れず(背景的には言語を理解できないロボット)
 決められたカードの指示だけでポーズを何とか伝えなければなりません。
 しかも、ザックリとした指示しか出来ないような…

 という、体まで使ってしまう、意思疎通ゲーム! 苦手だって人もいるんでしょうけどね。
 そういうレベルではないバカさ加減と、大騒ぎになるパーティーゲームだったのです。
 正直、勝ち負けとかそういう話では無いです。 もちろん負けると悔しいんだけどさ。
 間違いなく一番笑いがおきて、かつ笑われてしまうゲームでした! やっぱりこういうのやれるっていいよ!


という感じで、過去に出てない新作4つ、定番を2つ。5時間の中で楽しみましたよ。
そして、この日のオフはまだ続くのです(後編へ)
PR

Comments

名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
PASS

Title:上に記事書いちゃったけど

続き待ってるのよ
(゚_゚

入野の中の人  2011/12/15 (Thu.) 08:07 edit

Trackback

Trackback for this entry: